パニックの勢いって止まらない

私のパニック障害のきっかけは、喘息の発作でした。

息が出来ないっ!
 
それだけで充分、パニックです。それから、予期不安に悩まされ、このまま朝を迎える事が出来るのか?

 

あたし、大丈夫なのか?

 

うわー、やばい、やばい、どうしよう?

 

どうすればいいのよ~~!?

 

遺言残しとこ

 
真剣に書きました(当時は)

このまま、息が出来くなり、朝目覚める事がなかったら、引き出しにある日記だけはお願いだから読まないで!

 

 
 
今思うと、読んでちょうだい!と、言わんばかり
↑ダチョウ倶楽部風
 
 

 

次の朝は、きちんと目覚めましたけども。

 

 
と、言いますか、眠れないんですけどね。
 

 

 
想像力が、妄想力に切り替わる時、恐ろしいほど、自分の今の思考がどのレベルにあるかで、感じてくる、見えてくる世界が変わるんです
 
 
早く朝になって、病院に行きたい
↑いざ朝になると、行かない
 

 

早く朝になって、人と会いたい
↑人と会うのが怖くて外出出来ない
 

 

この相反する思いで、自分の価値をどんどん下げていってしまうんです
 

 

 
この時期は、在宅で仕事が出来てました
 

 

 
身体を動かす事も出来ず(喘息の発作がひどく安静状態でした)、私は律儀ですので、きっちりと薬を飲んでましたし。

 

 
治るのかな、と不安でした

 

 
◯◯しなくちゃいけない

 

◯◯するべきだ

 

◯◯するのが当たり前
 

 

こういった価値観で自分を狭めていってしまったんです
 

 

 
快方に向かったキッカケは、やはり、こんな状態じゃ嫌だと、気付いたからです

 

 
治るのかなではなく、治すんだっ‼︎と意識が切り替わったんです
 

 

まず、最初に始めた事は、身体を動かす事でした
 

 

まだ体力がない為、柔軟体操でもしんどかったです

 

そして、湯船での半身浴でした

 

シャワーだけではダメだと思ったんです

 

医師からは、肺の負担を減らす為、入るとしても胸の下まで、時間も短時間でと言われていました

 

 
が、自分が心地よかったので、少しずつ時間も増やしていきました

 

 
体力のない者には、入浴は大仕事ですから
 

 

少しずつ、自分にあったペースで身体を動かしていったんです
 

 

Pocket

投稿者: aki

エネルギー筋肉整体師&生命の樹鑑定 河本亜紀です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です