パニックの勢いって止まらない

私のパニック障害のきっかけは、喘息の発作でした。

息が出来ないっ!
 
それだけで充分、パニックです。それから、予期不安に悩まされ、このまま朝を迎える事が出来るのか?

 

あたし、大丈夫なのか?

 

うわー、やばい、やばい、どうしよう?

 

どうすればいいのよ~~!?

 

遺言残しとこ

 
真剣に書きました(当時は)

このまま、息が出来くなり、朝目覚める事がなかったら、引き出しにある日記だけはお願いだから読まないで!

 

 
 
今思うと、読んでちょうだい!と、言わんばかり
↑ダチョウ倶楽部風
 
 

 

次の朝は、きちんと目覚めましたけども。

 

 
と、言いますか、眠れないんですけどね。
 

 

 
想像力が、妄想力に切り替わる時、恐ろしいほど、自分の今の思考がどのレベルにあるかで、感じてくる、見えてくる世界が変わるんです
 
 
早く朝になって、病院に行きたい
↑いざ朝になると、行かない
 

 

早く朝になって、人と会いたい
↑人と会うのが怖くて外出出来ない
 

 

この相反する思いで、自分の価値をどんどん下げていってしまうんです
 

 

 
この時期は、在宅で仕事が出来てました
 

 

 
身体を動かす事も出来ず(喘息の発作がひどく安静状態でした)、私は律儀ですので、きっちりと薬を飲んでましたし。

 

 
治るのかな、と不安でした

 

 
◯◯しなくちゃいけない

 

◯◯するべきだ

 

◯◯するのが当たり前
 

 

こういった価値観で自分を狭めていってしまったんです
 

 

 
快方に向かったキッカケは、やはり、こんな状態じゃ嫌だと、気付いたからです

 

 
治るのかなではなく、治すんだっ‼︎と意識が切り替わったんです
 

 

まず、最初に始めた事は、身体を動かす事でした
 

 

まだ体力がない為、柔軟体操でもしんどかったです

 

そして、湯船での半身浴でした

 

シャワーだけではダメだと思ったんです

 

医師からは、肺の負担を減らす為、入るとしても胸の下まで、時間も短時間でと言われていました

 

 
が、自分が心地よかったので、少しずつ時間も増やしていきました

 

 
体力のない者には、入浴は大仕事ですから
 

 

少しずつ、自分にあったペースで身体を動かしていったんです
 

 

パニック障害経験値MAX

呼吸を整えたら治りました

 

結果的に、発作は現在のところ出ていません。

 

 
私の独断と偏見での意見ですし、漠然としています。

 

個人それぞれの回復の仕方がありますが、この経験を活かせればと

 

思ってます。

 

 
 
もともと、喘息の持病があった私。離婚を機に度々発作が起こり、

 

吸入器片手に生活してた頃。

 

 
 
はぁ~、今日もしんどい1日だったわ

 

 
さて、吸入でもしましょうね~

 

 
シュゴー!←息を吸い込みます

 

 
ふ~(´Д`)←息を吐き出します

 

 
ふ~、ふ~~、ふご~~、

 

 
 
く、苦しい‼︎息が出来ない!

 

 
そのまま救急車で運ばれましたよ。

 

 
肺炎と喘息の重積発作で2週間ほど入院しました

 

 
そこから眠れない日々が続き、喘息の治療の他に睡眠薬や抗鬱剤な

 

ど処方されます。

 

 

 
 
動悸が激しい

 

 
 
めまいがする ふわっとする

 

 
 
意識が遠のく感じ

 

 
 
過呼吸、喘鳴

 

 
 
肩こり、首こり、偏頭痛

 

 
 
目のチカチカ、視力低下  などなど

 

 
 
眠れないから、ネットサーフィン三昧、色んな掲示板を読み漁りど

 

んどん不安になっていきます

 

 
 
 
外出が出来なくなりました。病院をわたり歩き原因が分からない。

 

余計に不安になっていく。

 

 
 
 
 
まず最初に、親しい人がそばにいる場合は

 

 
 
背中をさすってもらいましょう
 
 

 

それだけ?

 

 
と、お思いでしょうか?

 

 
予期不安によって肩甲骨周りの筋肉が固まってしまっています

 

 
皮膚の部分をさする事により、筋肉の上の部分の筋膜を刺激しま

 

す。

 

それだけでも、筋肉は動きます。

 

 
エネルギーも循環されます。

 

 
それに併せて深い呼吸をしていきます。ゆっくりと息を吸い、一旦

 

とめます。

 

 
あとは気の済むまま長く息を吐きます

 

 
何秒?とか気にしなくていいです

 

 
自分の感覚で。意識は深く呼吸をする。それだけでいいです

 

 

 

 
 
もし、近くに人が居ない場合。

 

 
寒風摩擦をしましょう

 

 
 
天下の往来で全裸ですと、通報されかねないので全裸でのご希望の

 

方は、自宅や誰も居ない場所をお勧めします

 

 
 
タオルで皮膚を動かすのです

 

 
 
これだけでも、かなり軽減されます

 

 
これは身体がだるくて動かす事もしたくない時に有効です

 

 

あとは、仰向けで寝てホットタオルを首の下に置くのも楽になりま

す。

 

 
濡れたタオルをビニール袋に入れて2分ほどチンをします。

 

そのままだと、熱いのでタオルをその上から巻きます。
 

 

美容院などで洗髪時に、そっと首の下に置いてくれるのと同じです

 

ね~

 

 
筋肉を温めてゆるめていきます

 

 
 
そのまま自律訓練法を併用すると効果があります
 

 

 
 
私は自分に合うと思う事はとことんやってみました

 

 
まだ私にとって有効な手段はありますが、今後ご紹介出来たらな、

 

と思ってます

 

 
そして辿り着いたわたしなりの答えは、

 

 
薬や医者に治してもらうんじゃない、

 

 
自分が治していくんだ
 

 

との想いでした

 

img_1848

腰が痛いのは骨の老化!?

 

まだ、私がうら若き頃。

 

 
そう、30歳に足が届いた時期(今でも乙女だと思ってますの)に、

 

腰に異変が!

 

 
 
当時は結婚生活を送っていました。

 

 
私は流産を機に結婚したんですが、子供をこの世に産む事が出来な

 

かった罪悪感に苛まれていたんですね。

 

 
わたしだけが、助かってしまった。

 

 
あゝ、ごめんなさい

 

 
 
悲劇のヒロインに成り切って、わたしだけが辛いって思ってました。

 

 
元パートナーも辛い想いしてたのにね、気付けなかったんです。

 

 
 
そんな中で、日中は会社の経理を担当しながら、夜にはパートナー

 

の帰りを待つ生活に。

 

 
 
ただ、時間が流れていく感覚でした
 

 

 

台所で晩御飯の準備をしてた時です。

 

 
あらやだ?

 

なんだか腰が痛いわね、昨晩はそんなアクロバティックな運動会し

 

たかしら?

 

 
なんて、思いながら腰の重みを感じてました。そのまま床に落ちて

 

た雑誌(決してやましい種類ではない)を拾おうとした瞬間。
 

 

グキッ‼︎

 

 
うへっ?人生初のギックリ腰。

 

う、動けない。なにこれ?

 

屈んだ状態でロックオン。ミレーの落穂拾い並に固まりましたよ。

 

 
 
img_1505
 

 

 
 
 
 
どう動こうとしても痛いし、息も出来ない。何とか座れたものの、

 

パートナーが帰ってくるまで蹲ってました。

 

 
 

翌日近所の某整形外科へ。レントゲン撮りました。

先生曰く、

 
先生)  骨の老化ですね~

 

                ↑和かな笑顔で

 

 
私)     えっ!?老化?あたし、30ですけど?まだまだ、若いつも

 

りですよ?

 

 
先生)  痛み止めとコルセット出しとくね~~

 

                 ↑満面の笑みで

 

 
 
わたし、このままコルセット手放せずに、ずっと腰をロックオンし

 

ながら生きてかなくちゃいけないの?

 

あたし、あれもこれもしたいっ!

 

あんな格好もこんな体位もっ‼︎

 

 
あたい、このまま腰痛で死んでしまうっ(泣)
 

 

 
真剣に、そう想いました

 

 
 
 
1ヶ月ほど、痛みとの悶絶するような戦いを繰り広げ、日常生活に

 

多大なる支障が出てる時。痛み止めと湿布、コルセットの装着で過

 

ごしていました。

 

 
そんな時に、カイロプラクティックの師匠とのご縁が。

 

 
 
 
私)   骨の老化で死んでしまうんです!

 

          ↑大袈裟
 

 

師匠)そんなんじゃ、死なない。わしの所に来なさい

 

        ↑男前な女性です
 
 

 

2回の施術で元気になりました。
 

 

嬉しすぎて、小躍り出来るぐらい。
 

 

嬉しすぎて、ムーンウォークが出来るぐらい。
 

 

 
これがカイロプラクティックの先生である師匠としての出逢いでし

 

た。
 
 

 

薬や痛み止めの注射、リハビリとかではなく、師匠の手技で痛みが

 

なくなったのです。

 

 
とても不思議でした。ただ、痛みがなくなった事が凄いな、としか

 

思わなかったんです。
 

 

しかし、痛みがなくなれば当たり前となって日々の生活に埋没して
いきます。

 

 
自分の身体や心を無視し続けて、心と身体が分離していきました。

 

 
 
その事に私はまだまだ気付く事が出来ませんでした。