初・体・験

わ、わたくし………

 

 
わたし1人では想望できなかった、相棒。

 

 
 
き、きたんです、こ、此奴が!
 

 

 
 
img_1783
 
 
 
 
う、嬉しい。ワナワナ震えますの、腰が抜けるぐらい膝が笑ってますの
 
 
 
 
 

 

 
 
ええ!

 

ええ、ええ‼︎

 

扱い方など、さっぱり分かりませんことよ。

 

 
 
この、この娘(愛しのPC)の嫁入りだけ、待ってただけで。扱い方は知らぬ存ぜぬの、耳塞いでますのよ。
 
 
 

 

 
 
 
 
 
分からない。で、済みませんからね、わたし、頑張る事を決めたんです‼︎
 

 

 
 
私のITの先生(先生っていうと、ご機嫌損ねちゃうかも⁈……って、すごく楽しく教えてくれるんです)

 

うん、うんうん、ケロちゃんっていう先生なんですけどね。

 

 
何から何まで私は初心者ですけど、忍耐強く?ご教授くださるんですよ〜

 

 
それが、仕事って言えばそれまででしょうか?
 
 

 

 
 
 
色んな分野で。
 

 

初めてっていうのは、なにがなにやら、分かりません。

 

 
分からない事が分からない。

 

 
 
 
分からない事を聞いてねー、ウエルカムよー、あたし、何でも知ってっからー
これは、これでね、うんうん、わかる、分かる〜。なにが何だか分からないのね(笑)
 

 

 
と、
 

 

 
 
淡々と、一つ一つの用語を咀嚼してるか、どうかを見極めながら、説明してくれるのとでは
 

 

違いますよね

 

 
 
 
ケロちゃんは後者でした

かなり、前になってしまうんですが

 

 
初めてゴルフのコースに出るって時に。
 

 

ほぼ、一夜漬けで、コーチしてくれた友人がいるんです
 

 

その日のコースも丁寧に、何から何まで教えてくれたんです
 

 

自分のスコアさえ数えれなくコースの隅々まで走り回ってたんです
 

 

スィングとかよりも。どれだけボールを飛ばせるか、よりも。

 

 
友人は、次回、恥ずかしくない様コースを回れるように、マナーを教えてくれたんです。
 

 

 
 
それは、どんな教本にも載ってなかった

 

 
 
 
 
そして、その夜に晩酌しながら。
 

 

 
楽しかった?
 

 

 
そう、聞かれたんです。私は分からないなりにも、とても楽しかった。無我夢中でボールを追いかけました。走り回りました。
 
 

 

でも、必ず要所要所でアドバイスを受けてたんです

 

 
 
楽しかった‼︎
 

 

そう、元気よく答えれたんです

 

 

 
 
 
友人はこよなくゴルフを愛してた。もちろん今も。プロの世界でキャディーをしています。
 

 

私は友人に教えてもらえて、ラッキーでした。何が大切かを、1番最初に教えてもらえたんですから。

 

 

 
 
 
誰だって、何事も初心者ですよね。

 

上手く出来るか、覚えきれるのか、ではなく。

 

 
どれだけ楽しめるか。
 

 

その気持ちさえ、持っていれば、どんな難関が訪れようとも、いとも簡単に超えられる。

 

ぶっ放せると思います。
 
 

 

 

初めてという、不安よりも。

 

 
 
初めてという、貴重な瞬間を楽しみます
 

 

 

ポケモンGETだぜ

ピィーカー、ピィーカー‼︎

 

ピカチュウ可愛いですよね〜
 

 

黄色い怪獣なのかしら〜?どうなのかしら〜?

 

……………………………⁇
 

 

 
うーむ、わたくし、ポケモンって分かりません
 

 

 
ストーリーもキャラクターも分からないからポケモンGOの入り口が狭過ぎて入れません

 

 
 
もともと、ゲームは嫌いではないんですが、スマホゲームとかはやらないんですけどね〜
 

 

 

なにやら、近所でもスポット的なものがあるみたいで、友人がいましたよ〜。その場所に。
 

 

私は車で通りかかったんですが、早速その友人にゲットされちゃいましたけどね
 

 

 
その際

 

 
AKIはまだやってないの〜?流行りに乗り遅れちゃうよ?(笑)
 

 

いやいやいやいやいやいやいや

 

流行を追ってたら、あたし、この髪型してないっす

img_1718

流行りがあるのは、世の常ですけどね。私は流行ってるから、やろうとか、やらないとかその物差しは良いと思うんです。

 

 
それも一つの価値観だから。
 

 

向上心のきっかけにもなりますから。
 

 

ただ、情報に振り回されて自分の本心がブレてしまうのは、もったいないって思います
 

 

楽しいからやる

 

 
面白いからやる

 

 
暇だからやる

 

 
流行ってるからやる
 

 

ゲーム自体は良い悪いもありませんが、取り組み方、使い方によって、自分の時間や思考がぶっ飛びます

 

 
キャラクターを生きてしまうんですね

 

 
小説や漫画もキャラクターを生きますが、ゲームとはまた違うと思うんです

 

 
ゲームは自分で肉体を使って操作しなくちゃいけないからキャラクターの意思は自分でありながら、自分じゃないんです
 

 

 
ストーリーがあってもそのストーリーにしか進めない。途中で自分の思考を使って遊べないんです。原作者の意図、世界観を越えれない。
 

 

 
 
小説や漫画はストーリーに沿ってキャラクターを生きますが途中でキャラクターの意思や感情を汲み取れます。
 

 

 
原作者の意図、世界観をはるかに超えて自分で創造出来るんです。
 

 

 
自分の意識を使って原作者のストーリーをどんどん広げる事が出来るのは、考えるから。感じるから。
 
 

 

 
ゲームは己の思考力を奪う、と感じます
 
 

 

 
 
私は、考えたくない時など、ゲームの世界観にどっぷり浸ってましたけどね〜
 

 

 
 
ポケモンGOは非日常生活のバーチャルの世界からリアルに世界観を転じさせてますね

 

 
現実を生きてると錯角させます
 

 

 
 
 
でも観えないものを現実世界に転じさせるのならば。
 

 

ゲームの原作者の世界観で現実に生きるのではなく。
 
 

 

私自身の、想い描く未来を。

 

私自身の、想い描く世界を。

 

私自身の、想い描く至福を。
 

 

 
この現実世界に転じさせたい。
 

 

地上を天国として生きていきたいんです
 

 

今をおもいっきり遊ぼうと思います
 

 

 
 
 
ポケモンをGETするのではなく

 

 
 
自分の在り方をGETします
 
 
 
 
 

 

 
 

ピンチに遭遇

ダッシュで逃げる

 

 
一目散に逃げる
 

 

後ずさりしながら様子見ながら逃げる
 

 

鼻唄まじりにスキップしながら、やっぱり逃げる

 

 
無視する

 

 
など
 

 

 
 
何かに直面した時の自分の反応はどんな感じでしょうか
 

 

まず、逃げる事を前提にしてますが〜
 

 

 
 
私は、幼い頃から逃げ出す事は、悪い事って思ってました。特に、両親からその様に言われてたとは思っていませんが。
 

 

学校で、そのような概念を教え込まれてたのかもしれません。

 

 
でも、逃げる事は、悪ではないんですね

 

 
旧約聖書にヨナという、預言者がいるんです。

 

ヨナは神に怒り続けてた。

 

神の指示に、怒り、逃げて、それでも遂行し、でも逃げて、怒り、大きな魚に飲み込まれ、それでも遂行し。

 

↑ざっくりしすぎですが

 

 
 
何かに直面した時って、何かしらの感情が湧き上がります。怒りであったり、恐怖であったり。

 

 
喜びやワクワクする感情だと、逃げるという選択肢が逃げます。そのまま、進めますよね

 

 
得体の知れないものだから、怖いんです。経験した事がないから、不安なんです。

 

 
だけど、喜びやワクワクする感情の時は?

 

 
得体の知れないものなのに、怖くない。経験した事がないのにも関わらず、ワクワクする。
 

 

この差は、何だろ〜

 

なんなのよぉ〜〜

 

 

そうこうしてるとですね

 

感情に善悪はないって事だと着地しましてね
 
 

 

 
喜びから、注意力散漫になりタイミングを逃すかもしれない
 

 

怒りから、行動するパワーがでるかもしれない

 

 
哀しみから、立ち上がる時その深さからの帰還に他者を圧倒するかもしれない
 

 

楽しみから、浸り過ぎてその空間から出たくなくなるかもしれない
 

 

 
結局、その感情をひっくるめて、どこの方向へ向かうか、なんです
 

 

感情は切り離す事は決して出来ないけど、最初にその感情を認めておかないと、方向が狂っちゃうんです

 

 
本当は怒りがあるのに、逃げたいのに、その感情に蓋をしちゃうんです
 

 

本当は楽しいのに、どこかしらの罪悪感からその感情がなかった事になるんです
 

 

 
感情が動かなくなるんです。

 

 
思考によって。
 

 

作られた概念によって。

 

 
常識によって。
 

 

 
 
自分じゃない、他者によって作り上げられちゃうんです
 
 

 

 
自分がどこにいるのか
 

 

自分に何が出来るのか
 

 

自分を知ってないと軸をしっかりと持ってないとブレてしまうんです
 
 

 

 
私は、そんな時はブレててもいいし、逃げてもいいんだって思ったら、楽になれました
 

 

 
逃げてみたら

 

 
あれっ?こんなもん?って、感じです〜
 

 

 
 
 
 
逃げるって事は、何もせずに放り出すのではなく。
 
 

 

その直面にきちんと対峙するだけでいい
 

 

 
向き合うだけでいい、それがゆくゆくは自分の出来る事になるんですから
 
 

 

もし、1人で向き合うのが怖かったり、混乱してるのであれば。

 

そんな時は、身体の声を聴きましょう

 

私を呼んでください、会いに行きます

 

 
私に会いに来てください

 

 
私の相棒、虎太郎とお待ちしております

 

 
 
 
2015-05-28-14-40-59

 

ジェリコの壁

自由って、なんでしょうかね
 

自由を感じるには、不自由さを感じてなきゃいけないし

 

 
最初っから居心地の良い空間や環境なら、違和感さえ感じないんですから
 

 

 
自分が自由か不自由かも気付けないんですから
 
 
 

 

 
 
 
 
AKIって自由だね〜ってよく言われてました

 

私はとても不思議なんですけどね〜

 

へぇ〜、私以外の人には私は自由に見えてるんだって感じです
 

 

 
 
例えば、離婚して子供もいなくて、実家暮らし

 

 
例えば、定職を持たず次々と転職
 

 

例えば、パートナーを作らず1人でいる
 

 

ただ、その環境をみれば、自由にやってる様にみえる。そのひとの価値観や色眼鏡というフィルターで見てるだけなんですけどね〜
 

 

 
 
私は努力は人にみせるものではないと思ってますし、努力は人知れず構築していくものだと。
 

 

 
だって努力は自分の為にするもんですから。
 
 
 

 

 
 
例えば、裕福な家庭で育ち両親も健在な環境なら。

 

例えば、長年同じ職を全うしてるが、違う可能性を見出したいのなら。

 

例えば、パートナーと上手くいってないのなら。
 
 

 

 
その人にとって、私は自由にみえるんでしょうね〜。それか、フラフラしてる様にもみえるかな
 
 

 

 
 
人は自分の見たい様にしか見なくて。

 

 
人は自分の聞きたい様にしか聞かなくて。
 

 

人は自分の言いたい様にしか言わなくて。
 
 

 

 
無意識のうちに自分という壁を作ってるんです
 
 

 

 
その外側に自分を持っていけない
 

 

本当は壁なんて、ないのに

 

 
内側に在るのは外側に在るのに
 

 

 
 
 
でも、私の中で、ジェリコの壁があるのなら。
 
 

 

 
 
母がずっと角笛を吹いていた
 
 

 

 
 
 
そして、今、私は崩れかけてるのかもしれない
 
 

 

 
怖いんです
 

 

苦しいんです

 

img_1664
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
 
でも、もし、自由ってものがあるのなら。

 

 
自由の裏側には、きっちりと、責任っていうものが張り付いてるのかもしれない

 

 
不自由の裏側には、思い込みっていうものが、しがみついてるのかもしれない
 

 

 
どちらを選択するのも、己の自由なんですよね
 

 

私のアピール力

燃えた?

 

友人の開口一番ですよ
 

 

 
そうなんです、ワタシ、燃え……………
 

 

てないわーい(鼻息)
 

ワタクシ、久し振りに美容院に行ってきましたのよ〜
 

 

友人は頭が小さくなった私に繊細な言葉をかけてくれたんですよ〜
 

 

ウケるっ(遠い目)

可愛い甥っ子なんてね、こんな事、言ってくれるんですよ〜
 

AKIレベルのパーマはパンチパーマだね♡

やだっ!嬉しくないっ♡

img_1718
私が目指してるところは、そこではないんですけどね、うふっ
 
 
 

 

 
 
 
私の中では、美容院に行くって事は、癒しなんです

 

 
新しい自分になれる、みたいな
↑髪型はほぼ毎回同じですけど〜

 

 
担当の方は、20年以上のお付き合いです。いつも、私のイメージだけで伝えてるのに、私の思ってる以上の仕上がりをしてくれるんです。

 

1度も、なんか、違うわ〜って思った事はないんです

 

 
私以上に、私を知ってくれてるんだな〜って想います
 

 

 
美容師というお仕事は、凄いと思います
 

 

職業に貴賎なしですが、それぞれの分野で専門的に高めていってる方は素晴らしいです

 

 
やはり、その方の意識が現われてくるんですよね
 

 

芸術だと思います
 

 

 
そんな方に、私自身を表現する(第一印象をかなり占める)髪型をお任せ出来るのは、嬉しいですよね〜
 

 

 
毎回、変わってない様にみえる、あたしの髪型。

 

 
カラーや巻き方、その他諸々、緻密な計算で変えてくれてるんです
 

 

職人さんなんです〜

 

 
 
いろんな私の他愛のない話も、聞いてくれますしね
 
 

 

 
今回もリフレッシュ出来たので、どんどん私を表現していきたいです