身体の声を聴く方法


私は最初から整体師になりたかった訳じゃなくて。

 

自分の身体が動かなくなり、しんどくて、どうしたら、楽になれるかばっかり考えてたんですよ。

 

 
それでね、身体の音って、聴こえるんですよ

 

 
それが分かった時のお話です~
 

 

私は以前、子宮外妊娠したんです。
 

 

本来、妊娠とは、精子と卵子が受精して、受精卵となり、卵巣から卵管を通り、子宮に辿り着いて、着床します。

 

私の場合は、子宮までに受精卵が辿り着けなくて、卵管で着床しました。

 

そこで、大きくなろうとするから、卵管が破裂して、お腹にたくさんの血が溜まりました
 

 

いや~、せっかちな性分ですね~
 

 

子宮まで我慢できなかったのね、受精卵さま
 

 

 
私は卵管が破裂した音を聴きました。

 

 
ぶちっ‼︎
 

 

身体の声でした。
 

 

 

どんどん肉体としての意識レベルが低下していき、痛みに耐えれなくなっていきます。でも、本当の私は、どんどん冴えてくるんです

 

肉体から意識が拡大していきます。

 

身体から本当の私が剥がされていく感じ。

 

 
360度、前後、上下関係なく見渡せるのです

 

 
担架に運ばれてく自分も見れてるし、わたしの相棒のコタロウも、見えてた

 

img_1632
 

 

 
 
 
 
これは感覚ですよね

 

 
どれだけ、意識体の自分を肉体レベルまで持ってこれるか?

 

記憶を持って帰ってこれるか?

 

 
ほとんどの場合、忘れてしまいます
 

 

憶えてたとしても、
 

 

妄想か~、うふふ、あたしって、おバカさん♡

 

 
で片付けてしまう。

 

自分の肉体としての器や、知識として落とし込むには、それだけの、ツールがないんです

 

分かるけど、分からない

 

説明出来やしない、から
↑当時の私はもちろん、今もですけれど
 

 

そもそも、誰に何を説明すれば良いかも分からない
 

 

この現実世界で、わかりやすく説明出来る方たちは、紛れもなく、すごい存在です
 

 

あらゆる世界の、先人達。
 

 

今の自分で知覚出来るレベルで、先人達の智慧が私の中で生きてくるんです

 

 
知覚出来ないと、親しい友人や家族の言葉さえも、宇宙語ですから(本当に宇宙語を話してる訳ではない)
 

 

私の事を想ってくれていても。
 
 
 

 


 

 

身体の声を聴くって事は

 

卵管が破裂した音を聴くって訳ではなくて
↑ここまで究極ではなく

  

当たり前の様に呼吸が出来てる

 

当たり前の様に手足が動く

 

当たり前の様に美味しいご飯が食べれる、など
 

 

この当たり前の様に機能してくれてる身体は、決して当たり前の様に機能してない事

 

 
突然、肩凝りになる訳ではなく

 

突然、腰痛になる訳ではなく

 

きちんと、身体はシグナルを送ってきてます
 

 

 
自分を大切にするって事は

 

当たり前の事が当たり前じゃないって気付く事

 

 
自分に向き合うって事は

 

当たり前の事が何故当たり前じゃないって感じてるか、考察する事
 

 

自分軸に戻るって事は

 

今の自分を知り自分の想いを尊重する事
 
 

 

私は今、そう想ってます
 
 

 

 

 
 
 
今の私の筋肉整体師としての現在地を、かさこ塾名古屋の同期の野元春香さんが表現してくれてます~
 
 

 

 

 

 
春香ちゃんが感じてくれた私。

 

 

これも本当の私なんだろうな~

 

 
春香ちゃん、ありがとう~
 

投稿者: aki

筋肉整体師&生命の樹研究家 河本亜紀です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA