占いとは

img_1525

 

私が初めて生命の樹に出会ったのは、タロットに興味を持った時でした。

 

タロットは私が中学時代、近所の小さな書店で見つけたんです

 

 
おっ!?なんか、面白そーう

 

 
きちんと、デッキ(タロットのカードの事です)と説明書がセットになってました
 

 

単純に絵柄に惹かれたんです

 

 
ひとつのスプレッド(カードの配置法)しか説明がなかったんですが、ずっとやってましたね~
 

 

タノシカッタ!

 

その頃は代表的な配置法でやっていました

 

 

また年月を超えて、タロットに興味を抱き始めます

 

自分を知りたかったからです

 

私は、タロットや占星術を占い、ただの娯楽だと思ってました

 

 
そして、どんどん興味を抱き取り込まれていくと、タロットの配置法に生命の樹、そのままの配置法があったんです
 

 

 
占星術(せんせいじゅつ)または占星学(せんせいがく)は、太陽系内の太陽・月・惑星・小惑星などの天体の位置や動きなどと人間・社会のあり方を経験的に結びつけて占う科学(占い)。
古代バビロニアを発祥とするとされ、ギリシア・インド・アラブ・ヨーロッパで発展した西洋占星術・インド占星術と、中国など東アジアで発展した東洋占星術に大別することができる。

 

 
天文学、哲学、自然科学、近年では心理学に深く関わっています

 

 
古代から受け継がれてきた叡智を持つ学問でした
 

 

途中で衰退する動きはありますが。

 

 
その中に、生命の樹は、脈々と息づいていたんです

 

 
 
当たるも八卦当たらぬも八卦

 

 
この言葉を意味するのも踏まえて。

 

 
占いとしてじゃなく、学問として捉えた時、私の探求心は刺激されたんです

 

 
生命の樹は、占いとして一括りにされる分野以外にも

 

意識体系図

 

としてそこに在ったんです
 

Pocket

投稿者: aki

エネルギー筋肉整体師&生命の樹鑑定 河本亜紀です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です